学生カードローンのキャッシング枠はいくらまで?


学生カードローンのキャッシング枠は、少ないことが多いです。その理由は、総量規制の影響を受けるため、年収の三分の一以上の融資を受けることができませんが、学生の主な収入はアルバイトであり、その額も大したことがないため、必然的に上限が低くなるためです。そのため、せいぜい50万円が限界といったところでしょう。この場合でも、150万円をアルバイトで稼いでいないとなりませんので、扶養の範囲内で働いている人の場合は、大体30万円が限界となります。
以上の総量規制の話は、消費者金融のカードローンの場合です。銀行のカードローンは総量規制の対象ではないので、それ以上の額の融資を受けられる可能性はあります。しかし、返済能力が低い学生にそこまで多額の金銭を貸し付けるところは考えにくいですし、多くのところは専業主婦や学生の融資額を一定範囲内に抑えている傾向にあります。したがって、銀行と消費者金融の両方の違いはあまりありません。
以上のように、カードローンの限度は収入によって異なるというのが直接的な回答となります。したがって、いくらまでかは業者にもよりますし、その人の収入事情によって変化します。具体的にいくらか知りたいのであれば、実際に申込んで審査を受けてみる必要があります。ただ、申し込む前に相場観を知りたいのならば、カードローン比較口コミサイトの評価を見て、学生の人がどれくらい実際に融資を受けているのかを確認してみると良いでしょう。