サラ金は学生でも融資できる?


学生にとって毎日の暮らしは度重なる出費の連続です。一人暮らしの家賃や生活費、サークルの雑費や合宿費、さらに飲み会やスクーリング、海外旅行や留学の費用など様々なところで自分磨きのためのお金の用立てを余儀なくされるもの。もしもお金が不足した時にはサラ金で手軽に借入契約を結ぶとスピーディーに不足額を融資してもらうことが可能です。

サラ金ではカードローンやキャッシングなどの借入サービスを提供していますが、以前はサラリーマンや公務員などの安定した収入を得ている人をメインターゲットにすることが多いのが実状でした。しかし最近では消費傾向の多様化に伴って幅広い利用者層が諸費者金融を活用するのが可能となっています。もちろん学生もその中の一つ。カードローンならば一枚の個人カードを発行するだけで全国のATMから借入ができたり、キャッシングならば電話やネットで申請するだけで銀行口座に一括振り込みしてもらうことができます。さらに学生街などでよく見かける学生ローンなどを使うと、低金利にて融資を受けることができてとても便利です。

このようにサラ金でも簡単に借入できるわけですが注意点もあります。というのも全くの無収入だと審査通過することができず、バイトや内職などで何らかの収入を得ていることが不可欠となるのです。これは総量規制という決まりごとに通底するもので、サラ金は利用者の年収の3分の1を超えて融資を行ってはいけないことになっています。そのため無収入だと限度額もゼロとなり、実質的な借入が困難になるのです。

また各々のサラ金において借入の基準や条件は異なりますので、ネットの口コミ情報などを活用した上で自分に最も適した業者を探して申し込むことが大切と言えるでしょう。
日本貸金業協会はこちら